コピー機の特徴を見極める
2017.04.24

卓上のコピー機たいていのオフィスに一台はある、コピー機。
最近のコピー機は単純にコピーを取るだけではなく、ファクスが送れたり、書類をスキャンして、データにしてパソコンに送ったりと、どんどん高機能になっています。
いざ自分がコピー機を購入しようとすると、どの機種を選ベば良いのか、困ってしまいますよね。
最近のコピー機は機能的には飽和状態ですので、コピーやファクス、スキャンなどの基本的な機能は、どのメーカーもそれほど大した違いはありません。
ここでは、自分にあった複合機を見極めるためのポイントを、いくつかご紹介しましょう。

・モノクロかカラーか
最近のコピー機は性能が良いですから、例えばカラー写真をコピーしても、オリジナルとそっくりのものが複製できてしまいます。
でも、日々の業務の中で、精巧なカラー印刷が必要なシーンは限られてくると思います。
定型の帳票類や文字主体の資料を印刷するのが多ければ、モノクロ専用機でも十分お役に立てるはずです。

・印刷速度
メーカーによっては、「○○枚機」といったように、毎分ごとの印刷可能枚数によって製品をカテゴリ分けしています。
だいたいA4で毎分20枚から、上位機種では毎分50枚も印刷できる機種もあります。
ページ数が多い書類を印刷することが多ければ、なるべく上位機種を選択した方が良いでしょう。

・セキュリティー機能
近年は個人情報管理など、企業が扱う情報をいかに守るか、という取り組みが必要になってきています。
普段はあまり意識しないかもしれませんが、コピー機はネットワークに繋がっています。つまりインターネットを通じて、情報が漏洩するリスクがあります。
コピー機に保存されたデータを暗号化しておく機能や、ICカードや指紋認識などで利用を制限する機能など、セキュリティー機能もチェックしましょう。

・操作性
せっかく高度な機能をたくさん搭載していても、使いにくかったら意味がありません。
ある機能を使うために、操作パネルを何度もタッチしなければならなかったり、画面のどこをどう辿っていけば必要な設定ができるのかさっぱりわからなかったり、そんなコピー機ではちょっとげんなりしてしまいますね。
操作性の改善に力を入れているメーカーでは、例えば、なるべく少ないタッチ数でよく使う機能が使えるように設計されています。
また、一時的に画面の表示を切り替えて、文字やボタンを大きく表示してくれる機能を搭載している機種もあります。

いかがでしょうか。決して安い買い物ではないコピー機、しっかりと特徴を見極めて、ご自分にピッタリの機種を見つけていただきたいものです。

▲ ページトップへ