高齢になると不妊の原因要素が増える

不妊と言うのは、医学的には約1年間避妊をせず妊娠しなかった場合を指します。よって、この期間を超えて妊娠に至らなかった場合、専門医療機関にて不妊と診断され原因を探るため、検査などが行われることになります。最近、欲しいのに赤ちゃんができないと言うカップルが多く、年々患者が増えている状態です。
その原因の一つとされているのが、結婚の晩婚化です。今や、大学進学率が半分を超え、学びたい意志がある者は誰でも大学に進学することができる時代となりました。そのため、社会に出るのも以前に比べると遅くなり、従って結婚も遅くなるのです。30歳を超えた独身世帯は、男性、女性共に今や全く珍しくない存在となっています。
一般的に35歳を超えた初産を高齢出産と呼びますが、妊娠は35歳を超えると難しくなると言われています。これは卵子の質の低下や、卵子自体の数が影響するためです。卵子の質は加齢に伴い劣化していきますし、卵子と言うものは、人間の身体の中で増やすことができず、減る一方であり、毎月の生理によって多くが無くなっていきます。よって、年齢が上がれば上がるほど卵子の数が減っていくのです。しかし、この事実が周知され始めたのは、本当につい最近のことであり、それまではあまり知られていませんでした。よって、近年産活と言う言葉が脚光を浴び、健康で若い独身女性が、若いうちに元気な卵子を採取し、冷凍保存した後、良いパートナーに巡りあい子供が欲しくなった時に、その卵子を活用する動きが出ているのです。この動きは、欧米では随分前から行われていましたが、ようやく日本でも行われるようになってきたのです。ただ、この方法は経済的にも負担が多いのも事実です。
不妊と診断された人の中には、治療が年単位で続く場合があり、こちらも経済的負担が大きくなります。多くのカップルは、タイミングに合わせて受精を試みるタイミング療法を選択し治療を行いますが、赤ちゃんを授からなかった場合の落胆は大きく、治療は精神的にも大変つらいものとなってきます。そのため、途中で治療を諦めてしまう者も多く存在するのです。
近年、社会全体の高齢化が進んでいます。100歳を超えた人も年々増えており、昔に比べて平均寿命も長くなりました。しかし、赤ちゃんを生むことができるのは、長い人生の中で本当に短い期間となるのです。このことを踏まえて自分自身の人生設計を立てていくことが重要となってきます。

東京都全域、千葉県、埼玉県、神奈川県などから多くの方がお越しいただいております。高度生殖医療の内容に詳しいスタッフが多い。子宝マッサージは日本でもここでしか受けられない。台湾や中国、韓国をはじめ海外からも来院されています。amazon不妊症ランキング1位になりました。周期別、病院での治療内容別に個人に合わせてけ術を行っている。高齢の不妊ならこちら