コピー機のリース会社ランキング

第1位 複合機NAVI

  • コピー機をリース契約で探すなら、一括での見積もりが便利です

  • メーカーが公認しているから安心の代理店です

  • 質にこだわったメンテナンスで快適に使えます

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

複合機NAVIに対するみんなの口コミ

会社のコピー機を入れ替えようと思い、コピー機をリース契約で考えていました。そんなときにこちらで一括の見積もりサービスを利...
コピー機を導入しようと思っていたのですが、何も決まっておらず、とりあえずこちらの一括見積もりを使いました。会社のことを伝...
複合機NAVI様には、とても親身になってコピー機のリース契約の相談に乗っていただきました。また、低価格で契約できそうだっ...

信頼があってこその24年の実績です

複合機NAVIは、多くのお客様に支えられ、業界では老舗と呼ばれるサービスになりました。信頼していただくことを大切にし、信頼いただいたからこそ続けられているサービスです。

第2位 コピホーダイ

  • はじめてコピー機を選ぶ方にも適したサイトです

  • 月々のランニングコストを抑えるならこちらです

  • サポートの充実を徹底しているから、万が一でも安心です

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

コピホーダイに対するみんなの口コミ

医院を開業する際に、コピー機をはじめ何もかもわからなかったとき、こちらで相談しました。カルテとの連携など、細かいところま...
安くで早くコピー機をリースで契約したかったので、開業するときにこちらで契約しました。忙しいのにわからないことだらけの中、...
コピホーダイは、私どもの業務全体を考えた上で、いくつかコピー機に関してもご提案いただきました。大変、重宝できるような意見...

豊富なオフィス関連の実績がある会社です

コピホーダイを提供しているスターティア株式会社は、コピー機以外にもオフィス全般に関するの経験があるので、オフィス全体を考えたコピー機の提案が可能となっています。

第3位 東京複合機

  • コピー機の提案はエンジニアが担当しています

  • 故障する前に訪問するから業務がいつでもスムーズです

  • 担当が決まっているから、業務への理解が深まります

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

東京複合機に対するみんなの口コミ

担当の方が、課題を解決するまで丁寧に、親身にお付き合いくださいました。また、エンジニアの方ということで、より業務に活用で...
見積もり自体を何社か検討していたのですが、担当の方がエンジニアということで他社とは違う視点でコピー機の話が聞けて為になっ...
東京複合機の担当の方の提案がうちにピッタリだと思い、リースの契約での導入を決めました。教えていただいたとおりの使い方で、...

修理費の安さで選ぶなら東京複合機です

長く使うコピー機だから、エンジニアが担当につく東京複合機では、費用にもメリットがあります。他社でパーツ交換が必要でも、こちらなら適正、的確な修理の対応ができるから、技術力だけでなおせることもあります。

第4位 ドリームオフィス

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

専門のスタッフの格安で導入できるご案内

ドリームオフィスでは、企業のコスト削減を考慮した提案を実現しています。専門のスタッフがリース契約について、オフィス全体の視点からアドバイスします。

第5位 OAランド

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

信頼と実績がある老舗のグループです

OAランドは全国に展開しています。メンテナンス体制も万全、コピー機などオフィス機器の格安さでお客様満足度も高い会社です。

コピー機をリースするメリット

黒いコピー機コピー機は会社に無いと仕事にならないほど、貴重なビジネス機器のひとつとなっており、業界によってはコピー機が必要というケースも多くあります。特に最近は中古で買うなど、手軽に入手する方法がたくさんありますが、コピー機は定期的なメンテナンスなどをしないまま使用してしまった場合、印刷した時の色合いがおかしくなったり、黒ずみがでたり紙詰まりが起きたりと、徐々に不具合が起きてしまいます。危機に不具合などが生じた場合、当日対応が難しくなったり、修理費用が高額になってしまったりなどの問題も起こります。
ここでコピー機のリースのメリットがあります。まず、コピー機を購入する場合には、大まかにですが車一台分ぐらいの初期費用が必要です。もちろん型の古いものや性能によっても変わります。一方リース契約では、機器購入に必要な初期費用をリース会社が代行するため、導入の際の初期費用をかけずに利用することが出来ます。また、購入した場合は固定資産税、減価償却費、動産保険などの様々な事務作業も購入者の義務になりますが、リース契約でもそういったコストは全てリース会社が負担しますので、コストの把握が容易になります。さらに、コピー機をリースすることで最新型に変えてもらう事もでき、さらにメンテナンスなどもしっかりと行ってもらう事ができます。コピー機の設置台数が増えれば増えるほど、リース契約を結ぶメリットは大きくなります。必要とされる機関、環境、状況により、導入計画を慎重に立てて下さい。

代理店特典を活用しよう

卓上のコピー機複合機リースの代理店、カウンター保守契約などでお支払いいただくことによって、代理店にもよりますがさまざまな特典がつきます。コピー用紙代、トナー代無料や、印刷すればその分減っていく「消耗品」が無料というところでとても便利なものになっています。その他、すべての故障部品代金、技術者の修理対応費無料などもあります。昔は単にコピーするだけだったものが、だんだん種類も増えてさまざまな機能も増えてきて、自分で修理をするということも難しくなり、修理費用などにも高額な料金がかかってしまうなどの問題もありますので、こういった安心できる特典はしっかり把握して活用していくことがおすすめです。複合機を綺麗に長持ちさせるためにも、定期的なメンテナンスや修理を頼んでおくこともおすすめです。
しかしあくまでも特典なので、コピー機を選ぶ際は機能や料金体系、評判の良い代理店を第一に考えることが重要です。今でこそメーカーがしっかりしてきて、いい加減な代理店は減ってきましたが、それでもまだグレーな複合機代理店は存在します。コピー機は機能的な部分での大きな違いというのはありませんが、低価格や特典の有無ではなく、代理店の最低限の確認をして、ある程度絞れたら、活用できそうな特典で選ぶのもいいのかもしれません。

保証がきちんとしている代理店を選ぼう

コピー機コピー機には購入の場合もリースの場合でも必ず保守契約への加入が必要です。保守契約とは、気温や湿度、利用頻度、使う紙の種類などささいな原因で紙詰まりや故障が起こった場合の修理にかかる費用を保守料金として保険料のように支払うことで、修理・点検を無償で行う方のための保証のようなサービスです。保守契約で最も重要なことは、「故障時にどれだけ迅速な対応ができるか」という点にあります。保守契約に加入する際は、直接実施する「保守業者」とやり取りするのではなく、コピー機本体を販売している販売店を通して契約をするのが一般的です。しかし、日本国内のコピー機販売店の多くは、販売店はコピー機を販売することが目的で、自社で保守サービスを実施しておらず、実際に修理や点検を実施するのは業務委託された保守業者になります。
つまり、保守料金が安いということにこだわってしまうと、故障しても修理に日にちがかかってしまうなどの、対応がそれなりの保守業者と契約してしまう事も起こってしまう可能性があります。保守契約の解約は業者にもよりますが、基本的に解約は簡単です。しかし、解約後に別の業者と保守契約を結ぶことは非常に難しくなっているのです。
そういったところで、保守契約と機器販売、どちらも一社で実施していることが望ましいですが、代理店に関しましては価格だけではなく保守サービスの具体的な取り組みや、どこの会社が実施するかをしっかり聞いて、信頼できる保守会社と契約するのがいいでしょう。

コピー機選びで気を付けたいポイント

紙が出てきているコピー機コピー機選びで最も大切なことは、「月間印刷枚数に合わせたコピー機を選ぶこと」です。コピー機の価格の違いというのは、1分間に印刷できる速度を表した「印刷速度」で決まっており、この印刷速度が速ければ速いほど、高スペックといえますので、当然料金にも違いが出てくるのです。そのため、ご自身の月間印刷枚数にあったコピー機を選ばないと、場合によっては高額のコピー機のリースの料金を無駄に支払ってしまうということになります。1日の印刷量×毎月の営業日で大体の月間印刷枚数が簡単に計算できますので、ひとつの判断基準にしていただければと思います。
そして次に大切なのは、「必要な機能が使えるかどうかを確認する」ということになります。コピー機には「カラー印刷、FAX送信、スキャナ読込、データ転送といった機能など基本的な機能は搭載されていることは多く、特に大きな性能の違いというものはありません。ただし、「使えると思っていた」で確認を疎かにしてしまい、実際に使えなかったとしたら高額で導入した意味が無くなってしまいます。そういった場合のキャンセルはどこの業者でも受け付けることはできず、最悪リースの場合ですと契約期間中は解約することができません。さまざまな機能はありますが、最適なコピー機は片手で数えられるくらいまで絞れるはずですので、しっかりと必要な機能が使えるかを導入前に明確にする必要があります。その他料金設定などをしっかりと理解したうえで、コピー機を販売店に提案してもらいましょう。

▲ ページトップへ